HBKが2028年までにセミリタイアを目指す

株式投資でセミリタイアを勝ち取ります。

【投資】2020年3月

今月も給料より10万円、先月より持ち越した配当金5万円を投資しております。

 

SPYD / SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF
$ 24.36 で 43 株
計 $ 1,047.6

 

MO / アルトリア・グループ
$ 35.09 で 15株
計 $ 526.35

 

CURE / Direxion デイリー ヘルスケア株 ブル3倍 ETF
$ 62.61 で 2株
計 $ 125.22

 

本来、買わないようなCUREを欲望に負けて買ってしまいました。

反省してます。

 

3月、6月、9月、12月の新しい柱としてSPYDを任命しました。

今のところ配当利回り4.8%となっており、

分散が効いててこの数字は非常に魅力的です。

ただコロナ情勢がどう転ぶかも分からない状態なので減配は覚悟の上です。

【配当金】2020年3月【VHT】

VA HEALTH CARE(VHT)より配当金を $9.59 頂きました。

 

雀の涙程度の配当金ですが、

元々配当金を期待して購入したわけではないので、

そう言えば配当金貰えるんだっけ...という感じです。

【配当金】2020年3月【CVX】

CHEVRON CORP(CVX)より配当金を $41.64 頂きました。


今は原油価格の暴落で厳しい状況に立たされており、
将来的に減配の可能性も見込んで注視しています。

 

エネルギー系の会社は少し難しいですね。

『稲妻が輝く瞬間』に市場に居合わせなければならない

水曜の夜をいかがお過ごしでしょうか。
HBKです。

このところ、コロナと原油でダブルインパクトでリーマンショック東日本大震災以来のジェットコースターのような乱高下相場になっています。

長期投資家としては、早くリセッションして安値で沢山買いたいと思っていたので望むところの相場になってきました。
もっと下がってほしいところではありますが。

 

f:id:HeartBreak:20200311221348p:plain

S&P500のチャートを見ますと、この10年間はずーっと右肩上がりで来たんだから何かのタイミングで下がるのが普通だろうなとは思います。

 

 

今の相場は『稲妻が輝く瞬間』であると思います。
私のバイブルでもあるバートン・マルキールさんの「ウォール街のランダム・ウォーカー」の一節。
「『稲妻が輝く瞬間』に市場に居合わせなければならない」

この瞬間を絶対に逃したくないので私の投資方針は変更ありません。
バイ&ホールドとドルコスト平均法で買い続けます。